留学勉強スタディサプリの特徴の一つである海外受講について解説しています。スタディサプリはインターネット環境と通信端末があればどこからでもアクセスして学習をすることができます。これらの条件さえ満たせばアメリカにいようが、カナダ・オーストラリアにいようが関係なくスタディサプリを使用することができます。留学生にとって最強のツールです。

高校2年生の時に留学をする予定の方は帰国後の大学受験についても考慮する必要があります。今は日本の大学でも帰国子女入試やAO入試で受験をすることもできますが、一般入試も頭の片隅に置いておくと良いでしょう。1年分同級生から遅れを取ることになります。ただし、英語に関してはかなり有利な立場になることは間違いないと思います。留学をするからには現地での勉強も全力で行いましょう。

スタディサプリなら重い教科書を持っていかなくてもPDFファイルとしてパソコン上で閲覧することができます。まさに21世紀を象徴する学習サービスです。

留学中のスタディサプリ活用術

目標を立てる

ヒトは目標がないとだらけるいきものです。それが留学という特殊な環境下になるとより一層顕著になります。まず留学に行く前に大学受験に対する目標を設定しましょう。大目標として数学の苦手意識をなくすとか現代文のちからをつける読む等でもいいでしょう。

次に具体的な目標を設定します。スタディサプリで数学の講義を平日一日一コマ、休日ニコマ等決めると良いでしょう。年単位、月単位、週単位、一日単位でスケジュールを組むことができればより良いと思います。

科目を絞る

留学中は現地の高校での授業が最優先となります。せっかく留学したのに受験勉強ばかりするというのは意味のあることとは思いません。時間が限られているため科目を絞って学習をするのがおすすめです。苦手な科目を高校1年生レベルからやり直したり、暗記科目以外の学習をコツコツとするのが効率的だと思います。

スタディサプリの大学受験講座を受講すれば高校講座の受講もすることができます。高校1年生の講義を受講して基礎固めをすることができます。苦手な科目を潰しておけば、帰国後有利に受験勉強を進めることができると思います。

また、数学・化学・公民等日頃からの学習や概念の理解が大切な科目だけを勉強するというのもいいと思います。暗記科目に関しては、帰国後の勉強でもなんとかなるでしょう。ただ、苦手な科目があれば対策をする必要があるでしょう。

毎日時間を確保する

毎日1時間でもいいので受験勉強(スタディサプリ)のための時間を確保するように意識することが大切です。留学中は刺激的なことがたくさんあり、意識していないと結局勉強する時間を取らないということになってしまうでしょう。

一日たった1時間でも積み重ねれば十分な時間となります。夜寝る前にテレビを観るのではなく、スタディサプリで講義を受講するようにしましょう。遊びと勉強メリハリをつけることが大切です。講義の視聴とテキストの読み込みを同時に行い力をつけましょう。

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る