スタディサプリ大学受験講座「古文読解編」の評判を解説しています。担当講師は岡本 梨奈(おかもと りな)先生です。各学年古文文法編及び読解編、高3スタンダードレベル漢文、センター古文漢文対策講座、志望校対策古文各講座の担当講師でもあります。

講座はトップ&ハイ共通とスタンダードの二つのレベルに分類されています。古文の勉強を始めたばかりの方や文法の学習が終わったばかりの方はスタンダードレベルから受講するとよいでしょう。

読解編は文法編を受講し終わってある程度知識がついてから受講されることをおすすめします。この講座では読解が中心となるためいきなり入ってもとっつきにくいと思います。岡本先生も事前に知識を入れておくことを推奨しています。

トップ&ハイレベルでは、国公立の2次試験対策講座となります。頻出の記述の現代語訳や説明問題として登場人物の心情に関する問題や理由の説明あるいは内容の解釈問題を授業の中で進めていきます。

同時に日記の作品常識(背景知識)や源氏物語のあらすじと人物関係図など読解する上で知っておけば有利になる情報についても適宜触れられています。

この講座のポイント

古文読解のルールを知ることができます。古文の文法も単語も一通り学習したけど、文章になると何を言っているのかわからないという受験生の救世主となると思います。

古文では主語が省略されることが非常に多いです。この古文の特徴のために読解が難しくなってしまいます。

そのため主語を把握するためのコツをしっかりと学習することで初めて見る文章でも辞書なしでも自力で文章を読めるようになります。

講座概要

古文読解編トップ&ハイ

講座名講義内容
古文読解編
(トップ・ハイレベル)
1講:『宇治物語』
2講:『玉勝間』
3講:『吾妻鏡』
4講:『古今著聞集』
5講:『平家物語』
6講:『とはずがたり』
7講:『讃岐典侍日記』
8講:『源氏物語』〈幻〉
9講:『源氏物語』〈宿木〉
10講:『苔の衣』
11講:『今鏡』
12講:『保元物語』

古文読解編スタンダード

講座名講義内容
古文読解編
(スタンダード)
1講:『大和物語』(歌物語)
2講:『無名草子』(物語評論)
3講:『宇治拾遺物語』(説話)
4講:『建礼門院右京大夫集』(日記(歌集))
5講:『発心集』(仏教説話)
6講:『曾我物語』(軍記物語)
7講:『大鏡』(歴史物語)
8講:『源氏物語』(作り物語)
9講:『正徹物語』(歌論書)
10講:『本朝桜陰比事』(近世小説)

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る