スタディサプリ大学受験講座「漢文」の評判を解説しています。担当講師は岡本 梨奈(おかもと りな)先生です。先生は、古文文法・読解編、センター古文漢文対策講座、志望校対策古文各講座を担当しています。

当該講義は、トップ&ハイ共通とスタンダードレベルの二つのレベルに分かれています。前者は全12授業、後者は全10授業となっています。スタンダードレベルに関しては、高1・高2漢文と同じ講義です。

漢文は基本事項を覚えて、問題を解いていけばすぐに入試レベルまで引き上げることができます。覚えることが少ない上に点数に結びつきやすい科目です。

覚えなければいけないこと、漢文問題の特徴について解説がありますので初めての方でも安心して取り組むことができます。

漢文の講座を受講する前に、古文の文法編を受講することをおすすめします。歴史的背景もあり古文の文法の知識を生かすことができます。

この講座のポイント

初心者でも漢文をマスターできる

漢文の知識が0の人でもついていける内容になっています。10回の講義を受講すれば、最後には入試問題を解くことができるようになります。ただし、古文の文法について知識があることが前提となります。

受け身や使役等の句法が大切だということはご存知かもしれません。しかし、それだけでは十分ではなく文構造や置き字の知識も大切です。全てが揃って初めて漢文を読み解くことができるのです。

スタディサプリの漢文スタンダードレベルでは文構造と置き字を学習してから句法の学習を行います。第8講からは実践問題を解いていきます。

国公立2次試験対策ができる

スタディサプリ漢文トップ&ハイレベルでは主に国公立2次試験の問題を取り扱っています。副詞の読みや意味、書き下し文、現代語訳、解釈などの問題に対応することができます。

ただし、スタンダードレベルあるいはセンター試験漢文を受講して理解できるていることが前提となります。いきなりこのレベルにいっても意味がないと思います。

また、スタンダードレベルでは取り扱わなかった漢文常識(文化背景)や文学史についても触れています。より応用力を身に付けることができます。

講座概要

漢文(スタンダードレベル)

講座名講義内容
漢文
(スタンダードレベル)
1講:基本事項の確認
2講:再読文字/使役形
3講:受身形/否定形
4講:疑問形/反語形
5講:詠嘆形/比較形/仮定形/限定形/累加形
6講:抑揚形/願望形/その他
7講:漢詩/漢文読解法
8講:実践練習(1)
9講:実践練習(2)
10講: 実践練習(3)

漢文(トップ&ハイレベル)

講座名講義内容
漢文
(トップ&ハイレベル)
1講:『百喩経』/『三国史記』
2講:『資治通鑑』/『史記』
3講:『潜研堂文集』/『東坡居士艾子雑説』
4講: 『庸庵筆記』/「諸子百家・四書五経」
5講:『史記』/「儒家・道家・法家」
6講:『唐語林』/『荘子』
7講:『大唐新語』/『十八史略』
8講:『王文成公全書』「文録一」/『論語』・『論語集註』・『論語古義』
9講:『晋書』/『冥報記』
10講:『白居易集』/『小雪日、香亭弟贈灰鼠裘』・『礼記』/「詩人」
11講:『清波雑志』/ 文学史 (1)
12講:『東坡全集』「范文正公集序」/ 文学史 (2)

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る