スタディサプリ現代文講師の小柴 大輔(こしば だいすけ)先生の評判を解説しています。各学年の現代文、高1~高3年のスタンダード小論文、センター現代文対策講座の担当もされています。

先生は上智大学大学院哲学研究科博士課程を中退しています。ブログやTwitter等はされていないようです。スタディサプリ以外にもZ会でも強弁を取っています。現代文が苦手な受験生からの評判が非常に高いです。

長い髪の毛が印象的です。授業を受けるとすぐに優しい印象を受けるでしょう。好みは分かれるかもしれませんが、信じてついていけば受験に必要な国語力を身に付けることができると思います。

簡単なプロフィールと人物紹介

名前小柴 大輔(こしば だいすけ)
プロフィール写真小柴 大輔
担当講座・通年・科目別講座
各学年 現代文
高1・2・3 スタンダード小論文
センター現代文対策講座
おすすめ度★★★★★★★★★★
方法的解法のマエストロと呼ばれています小柴先生はおすすめです。
現代文を感覚で解いてしまっている受験生におすすめです。
論理的に答えを導くための指導には定評があります。
教え方のうまさ★★★★★★★★★★
現代文(特に評論文)の読み方を丁寧に解説してくれます。
設問への答え方、選択肢の絞り方を学ぶことができます。
話す早さ★★★★★☆☆☆☆☆
話すスピードは適切です。
抑揚のある話し方は非常に聞き取りやすいです。
文字の丁寧さ★★★★★★★★★★
文字は丁寧で読みやすいですが、色分けをして文章の解説を行っているので
少し読みにくく感じることがあるかもしれません。
眠さ感じる度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
軽快なリズムで繰り広げられる講義は眠さを感じることはありません。
聴き心地の良い声は印象がいいです。
ブログなし
Twitterなし
著書『「センター試験要点はココだ!」シリーズ国語〔現代文〕』(中経出版)

特徴まとめ

評論・論説の解き方が分かる

現代文は勉強する必要がない、感覚で解くもので解き方なんてないと考えている方に是非受講して欲しい内容となっています。授業では文章を主役キーワードと敵役キーワードに分類して問題を解いていきます。主役キーワードは著者の主張(読者に伝えたいこと)で敵役キーワードは一般論となります。また、これらを赤と青で色分けをして視覚的にわかりやすくしています。

このように二種類に分類することで設問も迷うことなく解答することができるようになります。まずは講義を受けて、素早く分類ができるようになりましょう。また、脇役キーワードが出てきます。それは第三の対比となります。

小説文の解き方がわかる

小説文ではたくさんの登場人物がでてきて相互の関係の中で後から主役メッセージというものがわかるようになっています。

設問を先に読むことで本文の主役、敵役がわかることもあります。それを踏まえた上で、登場人物の心情をイメージしながら読み進めると良いでしょう。

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る