スタディサプリ現代文講師の柳生好之(やぎゅう よしゆき)の評判を解説しています。東京大学及び京都大学の現代文対策講座を担当されています。

早稲田大学第一文学部総合人文学科日本文学出身で、北九州予備校でも教鞭をとっています。東大、京大、一橋等超難関大学の現代文の講義に定評があります。

主に国語教材の開発や出版物・映像コンテンツ制作、音楽制作を行う株式会社言楽舎の代表取締役でもあります。国語力を高めるために様々なことをされています。

論理的志向、論理的文章読解、批判的思考についてその有意性を学ぶことができます。書籍の執筆もされているので気になる方は要チェックです。

簡単なプロフィールと人物紹介

名前柳生好之(よぎゅう よしゆき)
プロフィール写真柳生 好之
担当講座・大学受験講座
東京大学 現代文対策講座
京都大学 現代文対策講座
おすすめ度★★★★★★★★★★
東大・京大を志望している受験生は必ず受講して欲しい先生の一人です。北九州予備校でも東大や京大を含む難関大学向けの講義を担当しています。
教え方のうまさ★★★★★★★★★★
論理的に現代文を解く方法を丁寧に解説しています。
話す早さ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
とてもゆったりと話される先生です。倍速視聴でも聞き取れますが、取り扱う問題の難易度が高いためまずは等速で視聴することをおすすめします。
文字の丁寧さ★★★★★★★★★★
文字を書くことはありません。スクリーンに文章を映し出していますので非常に見やすくなっています。
眠さ感じる度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
興味深い講義で眠気を感じることはありません。東大や京大以外の難関大学を受ける予定の方も一度受けて欲しいですね。
ブログ「雑談は脳の散歩である」
Twitterhttps://twitter.com/yydubstylecom
著書『東大現代文でロジカルシンキングを鍛える〕』(KADOKAWA/中経出版)

特徴まとめ

現代文を論理的に解ける

現代文は普段から読書をしていれば特に勉強をする必要はないと考えられがちだと柳生先生は仰られています。

しかし、実は文法というルールを理解して分析をして、論理的に読むことで確かに得点することができる科目なのです。

この講義を受講すると超難関大学で求められる現代文の学習を行うことができます。

英語や数学と同じように勉強をすればするだけ点数を取れるということを実感することができるでしょう。

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る