スタディサプリ英語講師の肘井 学(ひじい がく)先生の評判を解説しています。担当科目の幅は広く中学から高校までの英語(主に読解)や各資格講座等があります。英語の勉強をする学生の方は必ずお世話になることになると思います。

スタディサプリの英語特に受験英語では、肘井先生と関先生はどちらも人気があり、生徒間でどちらがいいかと頻繁に議論になっています。それぞれ特徴が異なりますし担当されている科目も異なるのでそういうのがあるぐらいで考えていただければと思います。

経歴としては北海道の高校(札幌旭丘高校)を卒業後慶應大学文学部英米文学科を卒業されています。その後関東と東海で予備校講師をしていました。多くの受験生を難関大学の合格に導いてきました。特に旧帝大や早慶上智受験生からの評判が良くなっています。とても経験豊富な講師です。

英語の発音も綺麗なので単語の発音を真似しながら授業を受けると効果的だと思います。

先生はTwitterをされていますが、主にアメブロの更新情報をつぶやいているだけとなっています。先生の情報を得たい方はアメブロをチェックしておくと良いと思います。また、著書や執筆もされています。

簡単なプロフィールと人物紹介

名前肘井 学(ひじい がく)
プロフィール写真肘井 学
担当講座・高3 英語<読解編>
・高1・2 英語<文法編><読解編>
・中学総復習英語
・センター英語・志望校対策各講座
・英検2級対策講座<筆記編>
・英検2級対策講座<リスニング編>
・500点突破リーディング
・650点突破リーディング
・850点突破リーディング
おすすめ度★★★★★★★★★★
経験が豊富な講師の一人で受験生からも高い人気を博しています。著書も出されていますのでチェックしてみてもいいと思います。
教え方のうまさ★★★★★★★★★★
オーソドックスな講師だと思います。予備校の先生の理想の形で正統派です。
話す早さ★★★★☆☆☆☆☆☆
話す早さは早めだと言えます。しかし、続けて話すわけではないのでそこまで早く感じることはないでしょう。
文字の丁寧さ★★★★★★★★★★
アルファベットも日本語も丁寧で読みやすいです。大きさも適切だと感じます。
眠さ感じる度★★☆☆☆☆☆☆☆
個性的な先生というわけではありませんので、少し単調に感じてしまうかもしれません。
ブログ受験サプリ 肘井学ブログ 「最高に成績の上がる英語の授業を」
Twitterhttps://twitter.com/hijiigaku
著書『肘井学の読解のための英文法が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)
『センター試験にでる順英単語』(KADOKAWA)

特徴まとめ

大学受験合格のポイントがわかる

大学受験勉強の初めの内は早稲田の英語や東大の英語ということはあまり考える必要はないと考えられています。まずは受験英語全般に関する知識を学ぶ必要があると仰られています。読解力は国公立や私学対策とかを考えなくても、全体の能力を高めればすぐに対応することが可能です。受験英語のテクニックを学ぶことが可能です。

また、高校2年生向けの講義では中間テストや期末テスト対策を行うことが可能です。2年生の間は文法の勉強に力をいれておくといいと思います。なぜなら文法がわかればどんなに難しい文章でも読み解くことができるようになり、それが受験英語攻略にも繋がるからです。

英語の考え方を知ることができる

中学総復習講座や高校1年・2年生向けの講座も担当されています。英語と日本語は違う言語です。英語ならではの考え方を学習することで、より積極的に英語を学ぶことができます。大学生や社会人になってからも役に立つものなので貴重です。

単語の覚え方について接頭語を活用した上で語彙力を伸ばす方法について解説されています。例えば、「appear(現れる)」に「dis(反意語にする)」がつくと「disappear(消える)」と考えることができます。同じような単語として「cover(覆う)」と「discover(発見する)」や「ease(気楽さ)」と「disease(病気)」等が挙げられます。ただやみくもに英単語を覚えるのではなく、このように英語の特徴を理解した上で覚えておけば効率的にたくさんの英語を覚えることができますし、初見の単語でも推測することができるようになります。

カテゴリTOPページに戻る

TOPページに戻る